月別アーカイブ: 2017年3月

アレルギーとたたかう理学療法士
及川より

 

今日、

花粉症で辛い思いをしている

患者さんと話をしていて

なんだか凄く納得しました。

 

患者さんの言葉

 

「いくら花粉症で辛くても

仕事を休んでまで病院に行けない

雰囲気が職場にありますねぇ。」

 

「病院に行くと診察に

時間がかかりますしねぇ。」

 

「行くとしたら、

ドラックストアで

花粉症対策の薬を

買う感じですかねぇ。」

 

これを聞いて、

 

確かに…

 

すんごく

納得してしまいました。

 

 

花粉症は、辛さの割には

なんだか、社会的には、

軽く見られる傾向にありませんか?

 

 

 

インフルエンザや胃腸炎は、

会社でも、すぐに休ませますね。

 

また、

・風邪をひいて熱がある

・腰痛や頭痛で動くのが大変

などでも

会社を休んで病院に行く理由

としては、十分ですよね。

 

ところが、

 

花粉症となると

症状がひどく辛い場合でも

休みを取りにくくなっていませんか?

 

今日お話した患者さんだけの

思いではない気がします。

 

 

花粉症の症状が

酷い方は、

 

くしゃみ

鼻水

鼻づまり

目の痒み

 

の症状が一度に

押し寄せてきます。

 

そして、それが続きます。

 

これらの症状が続くことで、

頭痛

耳鳴り

めまい

などの症状が生じたり、

寝不足

集中力の低下

といった症状にもつながり、

 

仕事だけでなく、

日常生活から辛い思いを

している方がいることを

もう少しだけ周りに

知ってもらう必要が

あるのかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

 

今日の患者さんに

他にも質問されたことがありました。

 

 

質問①

花粉症の症状改善のために

自分でできるストレッチとか

日常生活における注意事項とか

何かありますか?

 

質問②

花粉症に対する薬には

どんなものがあって

効果と副作用を知りたいです。

 

次回以降のブログでお伝えしますね。

アレルギーとたたかう理学療法士
及川より

 

今日、茨城からいらした

患者さん(ご夫婦)に

インド人のような首の動き

を指導しました。

 

(※この首の動きは、アレルギー疾患や自律神経を整える上でとても重要な動きと柔軟性です)

上の写真のような首の動き

(僕は勝手にインド人って名前にしています笑)

を指導する際に

とても良い指示の仕方を

発見しました!!

 

 

この動きは、

患者さんの多くができません。

実際の口頭指示は

以下の通りです。

 

「頭と首を一緒に

片側に倒した(側屈)状態で

頭だけまっすぐに立ててください。」

※これだけの指示では、だいたい出来ません!

 

首と頭を

おんなじ方向に倒した(側屈)際に

この言葉を言ったら、

少しできるようになりました!!

 

「顎を下に下げてください」

 

インド人を初めてやる患者さんが

少しできるようになりました。

 

これに驚いて喜んでいるのは、

僕だけかもしれませんが

本当に嬉しいです⭐️

 

これを読んでくれた方の中で、

インド人が出来ない方

ぜひ、試してみてください。

 

きっと、出来るはず!!

出来ない場合の苦情は

受け付けません笑

 

出来た方の喜びの声は

大歓迎です🍀

必ず、僕に報告してください笑。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

(ちなみに「インド人、首の動き」っていうキーワド検索したら、自分の顔が出てきてビックリしました笑)

 

町内会の副区長の

斉田さんから、

突然、電話が…

ん? 何かあったかな???

 

斉田さん:

「うちの壁に貼ってた

 おたくさんのアレルコアの看板が、

 風で剥がれてしまったんだ。

 代わりの看板あるかい?」

 

私:

「あ、そうだったんですね🍀

いつも有難うございます。

印刷して持っていきます。」

 

(看板といってもA3に印刷したものをラミネートした紙なんですけどねww)

 

アレルコアをこの場所で、

始めた最初の時から、

応援してくださっている方です。

(斉田さんの家のコンクリートの壁に上の2枚を貼ってくださっていて、以前は、色あせてしまった時にも電話がきました🍀)

 

斉田さんに一つだけ

お願いしてきました。

「タバコを減らさないとダメですよww」