月別アーカイブ: 2020年4月

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

日本人の4人に1人は「睡眠障害」に悩んでいるそうですね。

 

睡眠障害にもいろいろなタイプがあるのですが

 

今回は、「不眠症」についてお伝えしたいと思います。

 

 

不眠症とは

入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害などの睡眠問題が1ヶ月以上続き、日中に倦怠感・意欲低下・集中力低下・食欲低下などの不調が出現する病気です。
(厚生労働省 e-ヘルスネットより)

 

 

睡眠の問題が長く続き、日常生活においても影響が出てくるという状態ですね。

 

 

不眠症には3つの因子があります。

 

不眠症の3つの因子

 

1)素因
・性格:心配性の人は不眠症になりやすい
・性別:女性>男性
・年齢:歳をとると必要な睡眠時間が短くなる

 

2)促進因子
・災害が起きる
・家族が病気になる
これらは一過性のものであり、数日から数週間で自然と治るものが多い

 

3)持続因子
・長い昼寝
・カフェインの多量摂取
などのよくない習慣を続けることで持続・増悪する

 

このような因子があると不眠症になるリスクが高いと言われています。

 

 

加齢、災害、家族の病気、、、

これらは、自分ではコントロールできませんね。

 

 

一方で、

 

自分で変えられる、対応できること

 

はなにか?

 

 

・日中の30分以上の睡眠を避ける

 

・カフェインの摂取量のコントロール

 

今現時点での飲み物、食べ物から摂取されるカフェインの摂取量を確認するところからですね。

不眠症の人は、上記の2つは対応されている方がほとんどでないかと僕は思っています。

 

 

心配性の性格は変えられる?

 

性格を変えることって可能だと思いますか?

 

このことについては、長い時間かけても誰しもが納得する1つの答えに結びつくことはないと思っています。

 

僕は、変えられると思っています。

 

 

とてもとても大変なことだと思いますが、自身と周りの人の協力があれば、変えることは可能だと思っています。

 

このことについては、別の機会に僕の考えをお伝えできたらと思っています。

 

 

 

話を不眠症に戻したいと思います。

 

 

結局とのころ、不眠症を解消していくためには、どんな戦略があるでしょうか。

 

スクリーンショット 2020-04-15 午後9.01.23

不眠症脱出のための5つの戦略


身体を疲れさせる
(交感神経にスイッチを入れる)

寝るとき、呼吸に集中する
(1分間に一回の呼吸を目標に)

自分の性格をどう思っているか
(その性格を自分自身がどう思っているかを知る)

悩み事を他人に話す or 文章にする
(自分の今の考えを全部出す)

頭を空っぽにする時間を作る
(運動、料理、縫い物、瞑想、掃除など)

 

①身体を疲れさせる

 

夜に副交感神経にスイッチを入れて寝るためには、日中(特に午前中)に交感神経にしっかりとスイッチを入れる必要があります。自律神経の調子を良くするためには、交感神経と副交感神経のメリハリが大事です。だからこそ、交感神経にしっかりとスイッチを入れる必要があります。

特に頭だけを使うのではなく、少し息が切れたり、心拍数が上がるぐらいの身体を使った動きがある方が、当然、交感神経にはしっかりとスイッチが入りますよね。

 

 

②寝るときは呼吸に集中する

 

お布団に入ってから、頭で色々と考えが巡ってしまうと寝られなくなる経験は誰しもありますよね。これを少しでも減らす方法の1つとして、呼吸をできるだけゆっくり行うことをお勧めしています。

息を吸って吐くまでの時間を1分かけて行うように頑張ります。ほとんどの方が、15秒ぐらいで一回の呼吸を終えてしまいます(苦笑)。1分できなくてもゆっくり呼吸させることで副交感神経にスイッチが入りやすい状況を作れますし、かつ、呼吸に集中することで、他のことに頭が回らなくなります。これが狙いです。

 

 

③自分の性格をどう思っているか

 

心配性か?そうでないか? そのことよりも、自分の性格をどう思っているのかの方が大事だと僕は思っています。

 

ステップ1 自分の性格を知る(自分の頭だけではなく、他人にも聞く)

ステップ2 自分の性格を自分自身がどう思っているのかを知る

ステップ3 なぜ、そう思っているのかを分析する

ステップ4 そう思っている自分をまずは認める

ステップ5 その後、どうするかは本人の選択

 

 

文章が長くなってしまったので、

 

残りの④・⑤はまた次回にしたいと思います。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

幸せホルモンと呼ばれる

セロトニン

 

必須アミノ酸の一種でセロトニンの原材料である

トリプトファン

 

睡眠ホルモンと呼ばれる

メラトニン

 

この3つの関係性は

以下の図で示されます。

 

スクリーンショット 2020-04-14 午後1.38.04

 

3つを切り離すことができません。

 

画像2

 

 

セロトニンを増やすためには、

 

トリプトファンを含む食品を食べる必要があります。

(トリプトファンは身体内では作ることのできない)

 

ただし、トリプトファンを含む食品をたくさん

 

食べただけではセロトニンは増えないんです。

 

 

 

このトリプトファンからセロトニンに作り出すのに

 

腸内細菌の協力が不可欠なんです!

 

 

 

セロトニンを増やすためには

コツが要ります。

 

 

 

セロトニンを増やす5つコツ

 

①トリプトファンを含む食品の摂取

②腸内細菌を元気に保つ食生活
(暴飲暴食を控え、食物繊維を含むバランスの整った食事)

③リズム運動
(バランスボールの上で跳ねる、音楽に合わせて踊る、リズムを刻む動作など)

④心を許す人との触れ合い
(今、コロナで制限されてしまっていますが…)

⑤日光を浴びる(午前中、特に朝)
(屋内での光でも代用可能)

 

 

以前にお伝えしたストレスホルモンであるコルチソールにも同じことが言えますが

セロトニンやメラトニンを分泌させるためには

 

・バランスよく食べて

・運動して

・楽しく過ごして

・ぐっすり眠る

 

これが大事になります。

 

 

(※コルチゾールの話はこちら

睡眠不足はイライラのもと

 

 

これが出来ない時にホルモンが乱れてしまうことでも分かりますよね苦笑。

 

 

 

だからこそ

調子が悪くなった時

 

今の自分は、どれが出来ていてどれが出来ていないのか

 

「できていること」

 

「できていないこと」

 

を自己評価して

 

今の状態でもできることを探して

 

少しずつでも回復の糸口を見つけていくことが大事ですね。

 

 

 

身体も心もダメージを受けている時には

 

5つ全部をやり切ることは難しいですからね。

 

やりやすいことを1つずつやってみてくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました🍀

 

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

動画でご覧になりたい方は、こちらより。

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

睡眠ホルモンとは、メラトニンのこと。

 

メラトニンとは?

・松果体から分泌されるホルモン

・生体リズムを調節
(下等動物からヒトまで、季節のリズムや概日リズム(サーカディアンリズム)の調節作用をもつ)

・性腺萎縮作用を持つ

・眠るための準備として深部体温、脈拍、血圧を低下させる
(夕方暗くなる頃から分泌される)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[メラトニンと光の関係]
網膜から入った外界の光刺激は、視交叉上核を経て松果体に達します。明るい光によってメラトニンの分泌は抑制されるため、日中にはメラトニン分泌が低く、夜間に分泌量が十数倍に増加する明瞭な日内変動が生じます。
ただし、昼夜の区別のない環境(窓のない密室内など)でも、体内時計からの神経出力によって昼高夜低の日内変動は続きます。逆に強い照明(1000ルクス)を浴びれば、夜間であってもメラトニン分泌量は低下します。すなわちメラトニンは体内時計と環境光の両方から調節を受けています。
多くの生物でメラトニンは生体リズム調節に重要な役割を果たしています。鳥類での渡りのタイミングや季節性繁殖(メラトニンには性腺萎縮作用がある)などの季節のリズム、睡眠・覚醒リズムやホルモン分泌リズムなどの概日リズム(サーカディアンリズム)の調整作用があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

メラトニン分泌量の日内変動

 

メラトニンは、太陽の光が朝に目に入ってから15時間前後たたないと分泌されないという性質があり、外が明るい日中にはほとんど分泌されません。夕方以降暗くなってくると分泌量が増えてくるのです。夜になるとさらに増えて、午前2時頃に分泌量がピークに達します。

 

 

スクリーンショット 2020-04-12 午後6.01.19

 

※コルチゾールやセロトニンとメラトニンの関係性も睡眠において大切です。

 

メラトニン分泌量の経年的変化

 

メラトニンは加齢による分泌量の変化が報告されています。スクリーンショット 2020-04-12 午後6.00.56

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考文献
・Measurements of Sleep-Related Hormones
Hirokuni TAGAYA
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe/46/2/46_2_169/_pdf/-char/ja
・e-ヘルスネット(厚生労働省)
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-062.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

熟睡るすための5つのコツ
(メラトニンを分泌させるコツ)


・夕方以降に強い光を浴びない

 

・ブルーライトを避ける
(携帯やパソコンなどのブルーライトを避ける)

 

・朝(午前中)、日光を浴びる
(天気の悪い日は、屋内で強い光を浴びる)

 

・午前中に交感神経を高める
(軽い運動をする)

 

・入眠前2時間以内に食事を摂らない

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました🍀

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

睡眠不足と肥満に関係があることを知っていますか?

 

しっかり寝れない日が続くと調子が悪くなる経験はみんなしていますよね。

睡眠不足の時

・頭はまともに働かない

・普段しないミスをする

・イライラしやすい

・お菓子を食べたくなる(ジャンキーなやつww)

・風邪をひきやすくなる

 

こんな感じになりませんか?

 

 

睡眠不足と肥満に関係がありそうな感じはしていますか?

 

 

夜遅くまで起きていると、お腹が減って、ポテチや甘いものが食べたくなる経験ありますよね。

 

これ、夕ご飯から時間が経って徐々にお腹が減ってきているだけではなく、ホルモン分泌も関与しているんです。

 

 

睡眠不足になると

・食欲を増加させるホルモン(グレリンなど)の分泌量が増える

・食欲を抑えるホルモン(レプチンなど)の分泌量が減る

・覚醒作用と摂食行動促進作用を持つホルモン(オレキシン)

 ※上の3つにより空腹感の増強と体重増加の危険性が高まります。

 

どれも肥満への道を突き進むことになりますねww。

 

夜遅くまで起きている時に、食欲が出てきて余計に食べ過ぎてしまうのは、気のせいではないんですよね。

 

 

スクリーンショット 2020-04-10 午後9.56.53

 

その他にも睡眠不足によるホルモン分泌の変化は

・成長ホルモンが入眠前に分泌されるようになる

・コルチゾルは、静止期が短くなり、午後と夕方の血中濃度が増加する

・夜間の甲状腺刺激ホルモン上昇は消失し、1 日の平均値も低下する

・朝食後のインシュリン分泌が増加するにもかかわらず、血糖値は増加しており、耐糖能の低下がみられる

などが認められ、どれも身体にとって、調子を悪くする反応です。

 

 

 

脳を休めるレム睡眠

レム睡眠が不足すると脳が疲労する
→集中力が続かない。イライラしやすい。

 

体を休めるノンレム睡眠

ノンレム睡眠が不足すると体が疲労する
→免疫力が低下する。

 

 

 

寝不足によって

  太って

  風邪をひいて

  イライラして

  ・・・・

 

良いことは1つも無いですね。

 

睡眠が大事だってことを改めて、感じてもらえたら幸いです🍀

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考文献
・Singh M; Drake CL; Roehrs T et al. The Association between obesity and short sleep duration: a population-based study. J Clin Sleep Med 2005;1(4):357-363

・Measurements of Sleep-Related Hormones
Hirokuni TAGAYA
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsmbe/46/2/46_2_169/_pdf/-char/ja
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

アトピー悪化の3つの要因

 

【皮膚バリアを壊しちゃうもの】

 

①界面活性剤

 

②ハウスダストダニ、黄色ブドウ球菌

 

③ステロイド外用剤

 

 

 

今回は、ステロイド外用剤について

【ステロイドの4つのデメリット】

 

ステロイドは、アトピー性皮膚炎に対する治療に使用され、炎症反応を抑えることについて効果を出しています。

 

一方で、皮膚バリアの回復には、至っていないという研究の報告が増えてきています。むしろ皮膚バリアが壊れやすくなるという報告が増えています。

 

 

画像1

1)皮膚が薄くなる

ステロイドで治療された患者の皮膚は、治療していない部分の皮膚と比べて最大で70%薄くなっている(Sheu et al。、1997)。

(同時に、細胞間脂質ラメラの量が減少し、SC-SG界面で膜でコーティングされた顆粒の数が減少します(Sheu et al。、1997; Kao et al。、2003))

 

 

2)乾燥しやすくなる

ステロイドで治療した患者の皮膚は、他の部分と比べて、皮膚から蒸散する水分量が多くなる(Sheu and Chang、1991; Sheu et al。、1997)。

 

 

3)使用方法に関係なく皮膚バリアが壊れる

皮膚バリア欠損は、非常に強力なステロイドの短期使用(3日)から、非常に穏やかなステロイドの長期使用(6週間)まで、ステロイドを使用した一連の治療計画で観察されています(Kao et al。、2003; Cork et al。、2007a、2007b、2008)。

 

 

4)ステロイド中止後のリバウンド

ステロイド治療の中止後のリバウンドによる炎症は、界面活性剤や皮膚に貼ったテープを剥がした時などの他の形態のバリア破壊後に観察されるものと似ています。バリア破壊はタンパク質の連鎖的反応(サイトカインカスケード)の開始を引き起こし、その後に炎症反応が続く(Nickoloff and Naidu、1994; Wood et al。、1996; Kunz and Ring、2002)。

 

 

まとめると

ステロイドのメリット

 アトピー性皮膚炎に関連する炎症を抑える

ステロイドのデメリット

皮膚バリアをさらに損傷する。
それによって疾患のさらなる炎症・悪化を発症するリスクが高まる。

 

だからこそ

 

ステロイド外用剤は、その時の皮膚の状態はもちろんのこと、今後どのような状態にしていきたいかをしっかりと考えた上で、医師と相談し、納得した上で使用していくことが大事だと僕は思っています。

 

 

ステロイドと表皮バリアの関係を詳しく知りたい方は、以下の文献に書かれていますので、参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アトピー性皮膚炎における表皮バリア機能障害

Epidermal barrier dysfunction in atopic dermatitis
Michael J. Cork, et al.Journal of Investigative Dermatology, 2009

https://www.jidonline.org/article/S0022-202X(15)34442-0/fulltext
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

精神的ストレスを受けると筋肉が硬くなる。

 

自分の体で感じたことがある人が多いですよね。

 

これは、動物が身を守るためには必要な反応なんです⭐️

 

(現代社会の人間にとっては、余分な機能な気がしますけどね苦笑。)

 

 

野生動物が他の動物に出会した時に

 

「攻撃する」「逃げるか」

 

を瞬時に判断して行動に移さないと自分の命に関わることがありますよね。

 

画像1

攻撃する!

画像2

逃げる!

 

 

攻撃 or 逃げる

 

どちらも筋肉は必ず使いますから、準備として筋肉を硬くし(働かせ)ておく必要がありますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ストレスによる筋緊張は、緊急反応(emergency reaction)と言われ、動物がストレス状況下で攻撃するか逃避するか(fight or flight)を判断する際に全身の筋肉が適応し対処しようとする状況とされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

日常生活において受けるストレスの状況によって、身体への影響が変わってくると言えますね。

 

短期間の精神的ストレス

 

➡︎交感神経の機能亢進 + 副交感神経の機能減弱

➡︎筋肉が硬くなる

➡︎首・肩こり、腰痛など

 

長期間の精神的ストレス

➡︎交感神経の機能亢進  副交感神経の機能亢進

➡︎筋肉が硬くなる 免疫系のトラブル、不定愁訴が増える 

➡︎首・肩こり、腰痛など
 風邪を引きやすくなる、アレルギー症状が出やすくなる
身体の様々なところに不調をきたしやすくなる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
詳しくは、こちらの文献に述べられています。
【心理的負荷における筋弾性と自律神経機能への影響】
https://www.jstage.jst.go.jp/article/koubyou1952/72/3/72_3_209/_pdf/-char/ja?fbclid=IwAR2eW-2XSGwJh9ijg53PjbbbvCneuLCgE6hOMX_DKbNWJre2qSbvac5VtVo
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

野生動物のストレスと人間のストレスとの違い

 

これを書くと長くなりそうなので、別な機会にしますが、

 

 

画像3

 

人間の精神的ストレスは、急激に高まるというよりは、徐々に蓄積されていくという特徴がありますよね。

 

動物のストレス(攻撃するか逃げるかを迫られるようなストレス)は、急激に交感神経を高める一方で、結果(攻撃してやっつける、相手が逃げる、自分が逃げ切る)が出てしまえば、交感神経を落ち着かせることができますね。

 

 

 

では、

どのような対策が必要か?

「交感神経が高まっているから、落ち着かせて!」

 

これで、交感神経が落ち着いて肩こりが無くなったら、

 

みんな苦労しないですよね苦笑。

 

 

・交感神経を落ち着かせる

 

・筋肉の力を抜いてリラックスする

 

この2つは、なかなか意識的に出来ないですよね。

 

だからみんな困っているんですもんね。

 

 

 

筋肉の力を抜くための行動とは?

(交感神経を落ち着かせるための行動とは?)

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

分かりますか?

 

・・・・

・・・・

・・・・

 

答えは

 

【筋肉に力を入れること】

 

 

   「は?」

 

って思うかも知れませんが、

力を抜くために必要な第一歩は、力を入れることです!

 

そもそも

肩こりを持っている人のほとんどが、肩に力が入っていると感じていないんです。

 

 

硬くなっているところの筋肉に力をさらに入れることで、

 

・普段から力が入ってしまっていることに気がつく

 

・力を入れた筋肉は力を抜く感覚が分かりやすくなる

 

 

 

 

 

自律神経の観点から言えば、

 

交感神経の活動を落ち着かせるため


【交感神経にさらにスイッチを入れる!】

 

ということになります。

 

 

 

 

したがって

 

【精神的ストレスで生じた交感神経の機能亢進と筋肉の硬さの解消方法】

 

・硬くなっている筋肉を動かす
 自分の体において、精神的ストレスを感じた時に硬くなりやすい筋肉を知り(気がつき)、その筋肉を動かす習慣を作る

 

・交感神経を高める活動を増やす

歩く、走る、スポーツ、筋トレ、ヨガ、ピラティス、太極拳など
なんでも構いません、続けられる運動で、心拍数や呼吸数が少しでも上がるものが良いと思います。
※活動後はゆっくりできる時間(10分でも良いので)を作る必要があります。

 

 

つまり

 

交感神経と副交感神経のバランスに波を作ってあげる必要があるということです。

 

 

どちらかがずっと高まったまま

下がったまんま

上がりもせず

下がりもせず

どれもダメですよね。

日中は、交感神経が高まる機会が適度にあって

夜間は、副交感神経が高まってしっかりと休む

 

当たり前だけど、このサイクルを作る必要があるんです。

 

現代社会では、このサイクルを作るためにかなり意識が必要です。

 

肉体労働の仕事が減っていますからね。

 

 

 

コロナで家の中にいる時間が長い今こそ、このことを意識して

 

・自宅でできる運動

・屋外の散歩やジョギング

(感染対策や周囲の状況に配慮した上で)

 

が必要です。

 

 

万が一、コロナウィルスに感染してしまった時に重症化しないためにも免疫力を高めておく必要があります。

 

自分の身は自分で守りながら、強くしていなければ、本当に大変なことになってしまいます。

 

 

 

これを読んでくれているあなたの体を鍛えることはもちろんですが、周りの家族や友人、知人に運動の必要性を伝えて、一緒に巻き込みながら体を強くしていってください。

 

 

 

そうしておかないとコロナで命を落としてしまう人がたくさんになってしまう。

 

冗談ではないということは、ニュースを見ていれば分かりますよね。

 

家の中に長い時間いることで、子供たちに限らず大人も退屈していて、精神的にイライラしやすい環境ですよね。

 

 

今こそ、家族で飽きずに続けられそうな運動や遊びを考えて、みんなで鍛えておきましょう!

 

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

【皮膚の周りに潜む4つの敵】

①食物

②ハウスダスト

③ダニ

④黄色ブドウ球菌

 

スクリーンショット 2020-04-03 午前10.01.46

食物とハウスダストは、生活していたら、常に周りにあるものですね。

人の身体に害を与えるとは思えないかもしれませんね。

 

ただし、皮膚のトラブルを持っている人が、食物やハウスダストに触れると傷口から、その成分(タンパク質)が身体の中に取り込まれてしまう。

そのことで、アレルギー症状が出てしまいます。

 

ダニや黄色ブドウ球菌においても、肌荒れから進入しアレルギーを引き起こすという意味では同じです。

ちなみに

黄色ブドウ球菌は、人や動物の傷口(特に化膿しているもの)をはじめ、手指・鼻・のど・耳・皮ふなどに広く生息。健康な人の20〜30%が保菌していると言われています。

 

4つの敵と皮膚の関係を詳しく知りたい方は、以下のような文献でもそのことが分析されていますので、参考にしてください。

(難しい話は必要ないという方は、以下のーーー内の文章を読み飛ばしてください。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダニなどの小さな生物やハウスダストに含まれるタンパク質が直接皮膚刺激(バリアを破壊)または免疫活性化を引き起こす(Deleuran et al。、1998)。

これにより、アレルゲンとそう痒の浸透が促進されます。

ハウスダストやダニに特異的なIgEのレベルは、皮膚バリア欠陥のある患者におけるアトピー性皮膚炎の重症度の臨床スコアリングシステム(OSCORAD)と有意に相関しました(Nemoto-Hasebe et al。 、2009)。これは、そのようなアレルゲンがアトピー性皮膚炎を誘発・悪化させる能力を示しています。

黄色ブドウ球菌は、鼻および会陰部の保菌を除いて、皮膚にコロニーを形成する通常の微生物叢のメンバーではありません。対照的に、アトピー性皮膚炎患者の皮膚では、湿疹病変に1 cm2あたり最大14×106の生物が存在する(Leyden et al。、1974)。黄色ブドウ球菌は、アトピー性皮膚炎の慢性と重症度に役割を果たす可能性があります(Leung et al。、1993)。それらの免疫学的効果に加えて、これらの毒素は皮膚バリアを直接損傷する可能性もあります。

 

詳しくは、以下の文献にてご確認ください。

アトピー性皮膚炎における表皮バリア機能障害
Epidermal barrier dysfunction in atopic dermatitis
Michael J. Cork, et al.Journal of Investigative Dermatology, 2009

https://www.jidonline.org/article/S0022-202X(15)34442-0/fulltext

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【皮膚の周りに潜む4つの敵】

①食物 ②ハウスダスト ③ダニ ④黄色ブドウ球菌

 

【アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐ手段】

・4つを皮膚の傷口から引き離す

・傷口を塞ぐ(絆創膏や保護テープにて)

・皮膚の荒れや乾燥を保湿で守る

 

当たり前だけど、本当に大事です。

アレルギー症状を引き起こすものに触れる機会を可能な限り減らすこと。

また、

肌荒れや乾燥は、アレルゲンを皮膚から身体内に入りやすくしてしまうので、保湿などで皮膚のバリア機能を作ってあげることが大事になります。

 

これらを通して、アトピー性皮膚炎の悪化を最小限に止めることが、症状の回復にとってとても大切です。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

動画でご覧になりたい方は、こちらより。

※アトピーなどアレルギー疾患について、動画で紹介しています。ご興味のある方はこの動画のチャンネル登録をお願いいたします。

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アトピーを悪化させる3つの要因 ①

 

今、ことある毎に手洗い、アルコールスプレーをしなくてはならない状況ですね。

感染予防には、とても大事なことですね。

画像2

(厚生労働省より)

ただ、この手洗いによって

アトピー性皮膚炎などの皮膚のトラブルを持つ方の手は、今まさにボロボロになってしまっています。。。

 

手の荒れた方を見るたびに

本当になんとも言えない感情になります。

コロナへは感染したくないから、手は洗わないと!

でも、洗うたびに手が痛いんです。

その後のアルコール消毒もほんと痛いんです。

コロナ、ほんと、お願いだから早くどっかいって!!!

って、思いますね。。。

 

皮膚は、以下のものによって壊されてしまいます。

皮膚バリアを壊しちゃうもの

①界面活性剤

②ハウスダストダニ、黄色ブドウ球菌

③ステロイド外用剤

 

今回は、

①「界面活性剤」について

お伝えしたいと思います。

石鹸、洗剤は、人の皮膚の洗浄に広く使用されています。

それらは、皮膚表面の脂質を乳化することにより作用し、その後、水で洗い流すことができます。

油汚れを落とすには、本当に有効ですね。

油汚れのついたフライパンを固形石鹸(洗浄力の弱い石鹸)で洗おうとするとほんと大変ですよね。

その後に液体洗剤(以下のような)で洗うとびっくりするほど、すぐに落ちる。。。

手を洗う石鹸もそうですが、

洗浄力が強い(除菌力が強い)ということは、皮膚に必要な脂分や水分も取り除いてしまうということです。

 

便利なものが全て悪いとは思いませんが、

「時短」 「簡単」 「便利」

この裏にある自分の身体への負の要素を考えることも大事ですね。

 

結論から言えば、

・感染予防のため、外出時の手洗いは必須

・手洗い後の保湿クリームによる保護

・自宅では手に負担の少ない(洗浄力の弱い)石鹸で洗う
 ※手の洗い方をしっかり、かつ流水にも時間をかける
※可能な範囲で、自分の石鹸を持ち歩く

 

例年であれば、冬のインフルエンザの時期を過ぎると手洗いによる手荒れも少し落ち着くことも多いのですが、今年は違いますね。

 

先が見えず、大変な思いをしている方が多いかと思いますが、みんなで協力してコロナを1日でも早く落ち着かせて、赤い手を回復に向かわせましょう!

 

以下に

界面活性剤と皮膚の関係の細かいところを載せておきます。

詳しく知りたい方は、ぜひ、読んで見てください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【界面活性剤と皮膚の関係】

界面活性剤は、皮膚を損傷し、乾燥、圧迫感、粗さ、紅斑、腫れを引き起こす可能性があります(Kligman and Wooding、1967; Imokawa、1980; Froebe et al。、1990; Ananthapadmanabhan et al。、2004)。

洗剤の使用は、手の刺激性接触皮膚炎の最も一般的な原因の1つであり、ADのフレアを引き起こす可能性があります(Meding and Swanbeck、1987)。

洗剤のラウリル硫酸ナトリウムは、刺激に対する皮膚の感受性の標準試験として使用されます。皮膚バリア機能に対する界面活性剤の負の効果は、TEWLの増加によって示され、これはAD患者では正常対照よりも重症です(Cowley and Farr、1992)。

※TEWL:経表皮水分蒸散量 [transepidermal water loss]
体内から無自覚のうちに角層を通じて揮散する水分量のこと

界面活性剤は脂質を可溶化することができ、これがTEWLを増加させるメカニズムであると仮定されています(Kirk、1966; Cowley and Farr、1992)。

石鹸と洗剤の急性刺激作用は、角質細胞からの炎症誘発性サイトカインの放出によって部分的に説明できます(Wood et al。、1996、1997)。

皮膚を石鹸で洗うと、手のひらのpHが90分以上3U上昇します(Mucke et al。、1993)。前述のように、pHの上昇は表皮バリアに重大な悪影響を及ぼします。石鹸で洗う前後の正常な皮膚と非病変の湿疹性皮膚のSCの厚さを測定しました。洗浄前のSCは、非病変性湿疹性皮膚(13.7μm)よりも正常皮膚(19.7μm)で厚かった。石鹸で洗うと、正常および非病変の湿疹皮膚の両方でSCがさらに薄くなり、これは表皮プロテアーゼの活性の変化と一致しています。

界面活性剤の使用は、サイトカインの放出の促進に加えて、KC分化およびSC分解酵素の重要なマーカーの発現を変化させることも示されています(Wood et al。、1996、1997;Törmäet al。、2008)。

詳しくは、以下の文献にてご確認ください。

アトピー性皮膚炎における表皮バリア機能障害
Epidermal barrier dysfunction in atopic dermatitis
Michael J. Cork, et al.Journal of Investigative Dermatology, 2009

https://www.jidonline.org/article/S0022-202X(15)34442-0/fulltext

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コロナのことが落ち着いて、トイレの後の手洗いだけで、心配のない状況に1日でも早くなってくれることを心から、心から願っています。

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

動画でご覧になりたい方は、こちらより。

 

当院のコロナウイルス感染予防対策

アレルコアでは来院される方に安心して施術を受けていただくために

以下の対策を行なっております。

 

・お一人お一人の施術の後は、必ず手を洗い・手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つよう心がけています。

 

・施術者は、マスクを付けさせていただきます。

 

・使用した後の施術ベッドは1回1回アルコール消毒を行い、うつ伏せの際には、お一人ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

 

・来院される方やスタッフが手を触れる所

(待合室、トイレの取手、スリッパ、荷物カゴ、受付)など

こまめにアルコール消毒を行っております。

 

・院内の感染予防対策として、定期的に院内の換気を行い、

空気清浄機・加湿器を設置し常に運転させて、一定の湿度を保つようにしております。

 

 

★来院される方へのお願い★

消毒用のシートを用意しております。

手指のアルコール消毒をお使いくださいませ。

また、発熱などの体調が優れない場合などには、お電話やお声をかけていただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。