月別アーカイブ: 2020年2月

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

構造が『自由に動く』を作る

やっぱりそう思う。

クライアントの身体的な問題を突き詰めていくと
(シンプルに捉えていくほど)

【自由に動かないこと】

が原因だと感じる。

画像1

 

筋、骨、靱帯、膜、神経、血管、臓器などの身体の中で絡み合う組織がお互いに協調して働くためには、

それぞれの器官が自由に動く可動性

が求められる。

 

スクリーンショット 2020-02-13 午前10.08.09

【体が元気になるための原則】


構造が『自由に動く 』を作る

身体の機能が正常に働くには、身体内の構造(内蔵や脳神経を含む)が

『自由に動くこと』が必要だ。

一つの器官の位置的な動きだけではなく、器官自体の動き(軟らかさ)も必要

※注意!

意図的に動きを制限していることもある。

人によっては、以下の方法(動きを制限すること)で組織の損傷を予防している場合があるので、その際には、無闇に動かすと悪化する場合があるので注意。

・筋・筋膜などを硬く緊張させる
・関節の動きを狭い範囲に制限する
・呼吸を浅くする

例)皮膚の傷がある時に周りの筋や皮膚の動きを制限することで、皮膚の回復を早めようとしていますよね。

 

a)動きの制限 → 構造の制限 → 機能の制限

この場合には、迷いなく動きや構造の制限を取り除く介入をするべき!

 

b)組織の損傷 → 動きの制限 → 構造の制限 → 機能の制限

この場合には、組織の損傷を守るための動きの制限だから、組織の損傷の回復を待つ必要がありますね。具体的な戦略としては、組織の損傷を引き起こさない部位への間接的な介入をしていく。二次的、三次的な問題を最小限に留める介入を行う必要がありますね。

『身体内の器官が協調して働きやすい環境』

をつくる手伝いをすることが自分の介入の方向性と考えている。

痛みやアレルギーなどの症状をもつクライアントに向かい合う時、常にこの原則を念頭において、介入するようにしている。

ちなみに…

この原則は、「こころ」にも適応すると思っている。

この器官の硬さはなかなか取るのが難しい…苦笑

最後まで読んでくださってありがとうございます🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています

動画でご覧になりたい方は、こちらより。

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

「うんちは、体調を表すバロメーター」

 

体調を崩す前から、うんち(便)は敏感に反応していることが多いです。

 

リズム(排便周期):乱れる
(便秘 or 下痢になる)

形状:調子の良い時の形と違くなる
(コロコロうんち、細長いうんち、など)

匂い:キツくなる
(鼻にツンとくる匂い)

色:普段の色と変わる
(黄土色以外の色になる)

 

 

うんちは、体の免疫機構の調子を表しています。

 

お腹の調子が悪い時には、風邪菌やインフルエンザをもらって発症してしまう確率が高くなります。(話題のコロナウィルスはどうかなぁ…)

 

だから、普段から、すぐに流しちゃう前に

 

毎回、しっかり見て、匂いも確認してください!

 

うんちは、腸の調子、腸内細菌の調子を表していますね。

うんちは、アレルギー症状とも切り離せない関係があります。

アトピー症状を持っている人が、便秘が続くと数日後に肌の状態が悪くなってくることがありますね。

 

腸内細菌は、免疫機構の最前線で戦う戦士たちです。

腸内細菌には以下の働きがあります。

5つの重要な働き

①病原菌を排除する

②消化を助ける

③免疫力をつける

④ビタミンを合成する

⑤神経伝達物質(セロトニン、ドーパミン)を脳に送る

したがって、

腸内細菌を生き生きと働かせることで

アレルギー症状が生じにくい身体をつくる

ことができると言えます。

 

 

もう一回だけ、言っておきます。

うんちをしたら、すぐに流しちゃう前に

しっかり見て、匂いも確認してください!

 

うんちと連呼したブログwwを最後まで読んでくださって、ありがとうございます🍀

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アレルギーって、そもそも何?

アレルギーというと

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン物質)に対して、自己免疫機能が過剰反応するという説明が一般的です。

 

そこで、疑問が・・・?

 

自己免疫機能が

「過剰に反応する人」

「反応しないで元気な人」

の違いは何か?

 

 

「今年から急にくしゃみや鼻水、目の痒みなどの花粉症の症状が強く出ている」

「中学生になったら、喘息がほとんど気にならなくなった」

「出産後から、アトピーが酷くなった」

 

これらのように途中からアレルギー症状が出たり、改善したりするのはなぜか?

 

改善するにしても悪化するにしても

 

症状の変化には、身体の変化

 

が生じている可能性が高いですよね。

 

去年と今年

小学生の時と中学生の時

出産前と出産後

 

この間に何か身体の変化が生じているから、症状が変化したと考えるのは、自然ですよね。

 

アレルギーを持つ人の身体の特徴

 

のヒントは、ここにありそうですよね。

 

 

自分のアレルギー症状の原因を知るためには、

 

『症状の出現した時期 or 軽減した時期』における

・身体の変化

・生活習慣の変化

・仕事内容の変化

・ストレスの増減

を探してみることが大事ですね。

そこが分かったら

アレルギーを引き起こさない身体

のヒントが分かりそうだと思いませんか・・・?

 

血液検査や食物負荷試験によるアレルギー検査も大切ですが、これらの検査で全てが分かるわけではなく、あくまでも検査の1つです。

自分の症状と向き合っていくために最も必要なことは、

「自分の身体や心に起こっている変化」と「アレルギー症状」との間の関係性を知ることです。

これは、自分のアレルギー症状の原因を知る手がかりになります。

 

・症状が悪化する時の共通点

・症状が改善する時の傾向

 

これらをぜひ、探してみてください。

これに気がつくと、具体的な対策が見えてきます!

 

手書きの日記でも携帯のスケジュールにでもいいので、自分の症状の経過を簡単にメモしてみてください。

そこから、傾向が見えてきますから!!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました🍀

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

こんな感じに紹介していただきました。

 

プロのカメラマンに撮っていただいて

少し緊張した顔です笑笑

 

 

・アトピー性皮膚炎

・じんましん

・喘息

などのアレルギー疾患

 

・冷え、ほてり

・便秘、下痢

・不眠

などの自律神経のトラブルから生じる辛い症状でお悩みの方は、ご相談ください。

 

アレルコア 及川文宏

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

あなたは自分の弱点を知っていますか?

 

・風邪を引く前の予兆

・ぎっくり腰になる前の予兆

・頭痛が起きる前の予兆

これらの予兆にあなたは気がついていますか?

 

「急に熱が出ちゃって…」

「年に2回は、ぎっくり腰になっちゃうんです…」

「急に頭が痛くなって…」

こんな感じの言葉を発していないですか?

こんな方の共通点は、

 

自分の弱点を知らない

 

ことが多いという点です。

 

 

人それぞれ、その予兆は異なります。

 

ちなみに僕の場合は左の肩甲骨と脊柱の間が痛くなってきます。

 

そんな体からのサインが出たときには、体を温めて、早く寝ます。そうすることで、次の日は快適に過ごせます。

 

では、どうしたら、

 

自分の弱点を知ることができるのか。

 

一言で言えば、

 

『身体からのサインに耳を傾ける』

です。

 

簡単なようで、難しいようです。

 

自分の感覚では、頭の上から、足の方向に向かって、スキャンするイメージです。

 

僕は、朝起きてすぐと、夜寝る前にスキャンしています。

 

 

最初は、いつも痛みが出たり、辛くなったりする体の部分の調子を確認することから始めてみてください。

 

『自分のカラダとココロを大切にする』

 

って、当たり前のことだけど、みんな後回しにし過ぎているのかもしれないですね。

 

 

PS:

 

ついさっきも

「自分のカラダとココロを大切にしない」

僕の母親に指導しました・・・(笑)

身内だと優しく言えなくなるのが最近の悩みです(笑)。

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。