アレルギーが出る時の共通点

2020年

02月8日

カテゴリー: アレルギー

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

アレルギーって、そもそも何?

アレルギーというと

アレルギーを引き起こす物質(アレルゲン物質)に対して、自己免疫機能が過剰反応するという説明が一般的です。

 

そこで、疑問が・・・?

 

自己免疫機能が

「過剰に反応する人」

「反応しないで元気な人」

の違いは何か?

 

 

「今年から急にくしゃみや鼻水、目の痒みなどの花粉症の症状が強く出ている」

「中学生になったら、喘息がほとんど気にならなくなった」

「出産後から、アトピーが酷くなった」

 

これらのように途中からアレルギー症状が出たり、改善したりするのはなぜか?

 

改善するにしても悪化するにしても

 

症状の変化には、身体の変化

 

が生じている可能性が高いですよね。

 

去年と今年

小学生の時と中学生の時

出産前と出産後

 

この間に何か身体の変化が生じているから、症状が変化したと考えるのは、自然ですよね。

 

アレルギーを持つ人の身体の特徴

 

のヒントは、ここにありそうですよね。

 

 

自分のアレルギー症状の原因を知るためには、

 

『症状の出現した時期 or 軽減した時期』における

・身体の変化

・生活習慣の変化

・仕事内容の変化

・ストレスの増減

を探してみることが大事ですね。

そこが分かったら

アレルギーを引き起こさない身体

のヒントが分かりそうだと思いませんか・・・?

 

血液検査や食物負荷試験によるアレルギー検査も大切ですが、これらの検査で全てが分かるわけではなく、あくまでも検査の1つです。

自分の症状と向き合っていくために最も必要なことは、

「自分の身体や心に起こっている変化」と「アレルギー症状」との間の関係性を知ることです。

これは、自分のアレルギー症状の原因を知る手がかりになります。

 

・症状が悪化する時の共通点

・症状が改善する時の傾向

 

これらをぜひ、探してみてください。

これに気がつくと、具体的な対策が見えてきます!

 

手書きの日記でも携帯のスケジュールにでもいいので、自分の症状の経過を簡単にメモしてみてください。

そこから、傾向が見えてきますから!!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました🍀

 

 

アレルギーとたたかうセラピスト
及川文宏より
日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会
 YouTubenoteでは、アレルギー疾患に対する理学療法についてお伝えしています。

 

 

このような症状でお困りの方へ

施術予約はこちらから

  • お電話でのご予約
  • WEB予約はこちら
Top
Responsive Menu Image Responsive Menu Clicked Image