「ほてり」とアトピー性皮膚炎

2019年

01月19日

カテゴリー: アトピー性皮膚炎

アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より

日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会

「冷え」 とアトピーの関係性はとてもシンプル

血流が悪く冷えている部位
(表面温度が32〜33℃ぐらい)

↓↓↓

老廃物が流れにくく
(アレルゲンとなる物質が滞りやすくなる)

↓↓↓

炎症が起きやすくなる
(アトピー症状が強く出やすい部位となる)

しかし

今日の患者さんは全く反対!!!

アトピー症状が強く出ているのは

「ほてり」のある「手」

 

 

続きは

こちら

をご覧ください。

https://note.mu/fumihiro_oikawa/n/nea5d67c1e5d0

 

 

アレルギーとたたかう理学療法士
及川文宏より

日本アレルギーリハビリテーション協会
アレルコア
福のしま研究会

このような症状でお困りの方へ

施術予約はこちらから

  • お電話でのご予約
  • WEB予約はこちら
Top
Responsive Menu Image Responsive Menu Clicked Image